【速報】アップルから iPhone11, iPhone11Pro, iPhone11Pro Maxが発表

apple-iphone11 ドイツでデジモノ

アップルから新製品 iPhone11, iPhone11Pro, iPhone11Pro Max が発表されました。

予約開始は日本時間の午後9時開始

9月20日発売です。

Apple iPhone11の全容

一番ポピュラーな製品になると思われます。

iPhone11のカラーバリエーション

カラーは6種類が用意されています。

  • ブラック
  • グリーン
  • イエロー
  • パープル
  • レッド
  • ホワイト

iPhone11の容量

3種類から選択が可能。

  • 64GB
  • 128GB
  • 256GB

iPhone11のサイズと重さ

150.9㎜x75.7㎜x8.3㎜

194g

一回り大きくなり、少し重くなりました。

iPhone11のディスプレイ

6.1インチと少し大きくなりました。

1792ピクセルx828ピクセル

iPhone11の耐水・防塵

IP68等級

2mの水深に30分まで耐えることが可能

iPhone11のカメラ性能が大幅にアップ

注目される点はココですよね。

iPhone 11はダブルレンズを採用。

2つの1200万画素レンズを採用

  • ウルトラワイド(広角レンズ)f2.4120度の広角を撮影可能
  • ワイドレンズf1.8

2倍光学ズームが可能。デジタルズームは最大5倍

背景ボケのあるポートレート撮影が可能。6つのエフェクト機能を使用して、自分好みの撮影を楽しめることでしょう。

ライブストリーミングで紹介されていて面白いと思ったのが以下の部分。

写真を撮影している最中に動画を撮影したい!とよく思うのですが、毎回指でスワイプをして動画を選択してから動画撮影が開始されるため、結構時間がかかります。

新しいカメラの機能では、写真撮影をしながらシャッターボタンを押し続けることによって動画撮影にスムーズに移行が可能

フロントカメラではスローモーションも撮影が可能になり、セルフィのスローモーションが可能。面白い動画が撮影できるのではないかと思います。

この機能は、 iPhone 11, iPhone 11Pro, iPhone 11Pro Maxすべてで採用。

iPhone11では2つのレンズを組み合わせて撮影が可能

2つのレンズを組み合わせTrueDepthカメラとして撮影が可能。

f2.2となるため、ピントが合っている被写体の前後をボカすことが可能となり、魅力的なポートレートを撮影することができます。

iPhone 11で新しく採用されたチップ

CPU A13 Bionicを採用。2019年9月現在で世界で一番反応速度が速いCPUを採用

GPUも同じく、今まで以上に処理速度の速いGPUを採用。

ライブストリーミングで実際にプレイをしていましたが、スマホでのゲームもとてもスムーズでしたね。戦闘系のゲームも問題なし。ディレイもないですし、とてもスムーズ。画面がとてもきれいでした。

iPhone11のバッテリー

バッテリーはiPhone XRと比較して1時間ほど長く使えるようになっています。

1日使い倒してもバッテリーの心配をあまりしなくてよさそうです。

ワイヤレスチャージも可能なため、家やホテルで充電をするときにはケーブルをiPhoneに差す必要はないのは便利。

  • ビデオ再生:最大17時間
  • ビデオ再生(ストリーミング):最大10時間
  • オーディオ再生:最大65時間

高速充電に対応していて、30分で最大50%の充電が可能。(別売り18W以上のアダプタが必要)

iPhone11で使用されるOS

iOS13

SIMカード

デュアルSIM(nano-SIMとeSIM)

iPhone 11の価格

iPhone 11は699ドルから(74800円から)(799€から)

iPhone 11 Pro

iPhone 11Proは2種類が用意されています。

iPhone 11ProiPhone 11Pro Max

iPhone11ProとiPhone11Pro Maxのカラーバリエーション

どちらも4種類のカラーが用意されています

  • ゴールド
  • スペースグレイ
  • シルバー
  • ミッドナイトグリーン

iPhone11ProとiPhone11Pro Maxの容量

く3種類から選択可能

  • 64GB
  • 256GB
  • 512GB

iPhone11ProとiPhone11Pro Maxのサイズと重さ

iPhone 11Pro

144mmx71.4mmx8.1mm

188g

iPhone 11Pro Max

158mmx77.8mmx8.1mm

226g

iPhone11ProとiPhone11Pro Maxのディスプレイ

iPhone 11Pro

5.8インチ

2436ピクセルx1125ピクセル

iPhone 11Pro Max

6.5インチ

2688ピクセルx1242ピクセル

新たなディスプレイ「Super Retina XDR」を採用

今までよりもディスプレイは明るく、サウンド面でも大幅に更新をしたようです

iPhone11ProとiPhone11Pro Maxの耐水・防塵

IP68等級

4mの水深に30分まで耐えることが可能

iPhone11ProとiPhone11Pro Maxのチップ

iPhone 11と同じくA13 Bionicチップを採用

iPhone11ProとiPhone11Pro Maxのカメラ性能

iPone 11Pro、iPhone 11Pro Maxは背面カメラが3つ

画素数はすべてのカメラが1200万画素

  • 超広角 f2.4 120度の視野角
  • 広角 f1.8
  • 望遠 f2.0

2倍光学ズームデジタルズームは最大10倍

同じ場所から大きく手を動かす必要なく3種類の写真が撮影可能

魅力的な写真を撮影するために、9枚をシャッターボタンを押す前に既にカメラが自動で写真撮影をして、シャッターを押したときにはシャッターを押す前に撮影された写真をすべて自動で計算をしてベストな状態の写真を1枚として保存するようです
ナイトモードを使用することにより、光が十分でない場所でも明るく撮影が可能となり、いつでもどこでも撮影が楽しめることでしょう

iPhone11ProとiPhone11Pro Maxでビデオ撮影

4k60fpsの撮影が可能。30fpsや24fpsの選択も可能

HDビデオ撮影は1080p60fpsもしくは30fps、720p30fpsから選択可能

iPhone 11同様、強力な手振れ補正により、安心して手持ちでの撮影が可能

iPhone11ProとiPhone11Pro Maxでは2つのレンズを組み合わせて撮影

2つのレンズを組み合わせTrueDepthカメラとして撮影が可能。

f2.2となるため、ピントが合っている被写体の前後をボカすことが可能となり、魅力的なポートレートを撮影することができます。

iPhone11ProとiPhone11Pro Maxのバッテリー

iPhone 11Pro

iPhone Xsと比較して最大4時間長い稼働時間

  • ビデオ再生:最大18時間
  • ビデオ再生(ストリーミング):最大11時間
  • オーディオ再生:最大65時間

iPhone 11Pro Max

iPhone Xsと比較して最大5時間長い稼働時間

  • ビデオ再生:最大20時間
  • ビデオ再生(ストリーミング):最大12時間
  • オーディオ再生:最大80時間

どちらにも18Wアダプタが付属しているため、30分で最大50%の充電が可能

ワイヤレス充電にも対応

iPhone11ProとiPhone11Pro Maxで使用されるOS

iOS13

SIMカード

デュアルSIM(nano-SIMとeSIM)

iPhone11ProとiPhone11Pro Maxの価格

iPhone 11Proは999ドルから(106800円から)(1149€から)

iPhone 11Pro Maxは1099ドルから(119800円から)(1249€から)

iPhone11Pro、iPhone11Pro Maxで目を惹いた4つのカメラで同時動画撮影

ライブストリーミングで紹介されていて、とても魅力的に思えたのが

「4つのカメラで同時に動画を撮影できること」です。

動画撮影では、カメラ4つの情報を画面に表示することが可能複数のカメラで同時に同じ動画を撮影することが可能

ディスプレイに4つのカメラで撮影されている映像が映し出され、その中から自分が録画で使用したいカメラをタップし、同時に動画撮影ができるようになっていました。

そのため、後日編集するときには、1台のiPhone 11ProもしくはiPhone 11Pro Maxで4つのカメラで撮影をしたような映像を作成することが可能。これは凄いですね。

iPhone 11Proを真ん中において、背面カメラと前面カメラで動画撮影を行えば、今までにはない映像ができますね。とても面白そうです。色々と使い道がありそうで魅力的なプレゼンでした。

動画もシネマレンズのようにキレイ。白黒でも色がつぶれることがなく、カラーではすべての色がはっきりとしていますね。

以下のアプリを使用することにより、iPhone 11ProやiPhone 11Pro Max内で動画編集ができるのも魅力的。

有料アプリ「FiLMiC Pro」が必要。

iPhone11でカメラ撮影:両手で構えたままズームインやズームアウト

スマホでの写真撮影や動画撮影で「ちょっと困るなぁ」というのが、ズームインやズームアウトのときに片手でスマホを持ち、片手で操作をしないといけない場面。

iPhone 11シリーズでは、両手で構えたまま、右手親指を使用してズームインやズームアウトができるので、出来上がった映像がブレる心配が減るのは魅力的。切り替えもとてもスムーズに行えそうです。

iPhone11のまとめ

ライブストリーミングでは、公式HPでは紹介されていない機能を見ることができてよかったです。

とくにカメラ機能は進化がすごかったですね。4つのカメラを使用して同時に動画撮影ができるのには驚きましたし、実際に使ってみたいと思える機能です。

スマホとコンパクトデジタルカメラの持ち歩きを考えるのであれば、iPhone 11ProかiPhone 11Pro Maxの1台で十分すべてのことができるように思いました。

アップルからの新しいiPhone 11シリーズ。発売が楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました