ドイツで引っ越し その4 庭の草刈りにGardena

ドイツで生活

庭の草刈りは夏は週1ぐらいで行うのですが、それように機材を購入。
電動式にしようかと思っていたのですが、奥さんが「うるさいのはイヤ」ということで、手動式となりました。
購入したのはこちら。

この商品に

が付属しているセットがOBI(オービー)にて売っていました。OBIとはDIYに必要なものがすべて揃っているようなところです。


開封をして、組み立てます。とは言え、とても簡単に出来上がりました。
dsc07167
箱の中に取っ手部分がバラバラで入っているので、それらを組み合わせるのみでした。

dsc07165
dsc07166

カッターの部分の長さを12mm-42mmまで変更することが可能となっています。
2週間ほど何もしていないと、夏の間はすぐに長く成長してしまうので、まずは42mmのような長めに設定をして1度草刈りをするといいようです。
dsc07312
最初から12mmとかに設定してしまうと、刈る部分が長すぎでうまく進めなくなってしまいます。


刈られた草はこのように収納されていきます。
dsc07313

草刈り後は、すべてが黒いバッグに入るわけではないため、集めないといけないのですが、そのときに活躍する機材がこちら。

草刈りを下方向と垂直になるように、この機材を使用します。
そんなに力を入れなくても、結構刈られた草が集まってきて便利です。
刈られた草をそのまま放置しておくと、庭にはよくないですからね。乾燥して茶色になってしまったりしますし。

草刈り機ではサイドをすべて切ることができないので、こちらもあると便利です。

立ったまま作業ができます。
使用しましたが、結構手の力が必要となってきます。庭が大きくて刈るスペースが沢山ある場合は、電動がいいかと思いますが、うちぐらいならこれで十分かなぁ、と思っています。

電動はこちら。

庭仕事、色々とやることがいっぱいでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました